HOME>注目記事>白い振袖を魅力的に魅せるには?【当日のヘアスタイルも重要】

一生ものの行事

日本で振袖を着るのに一番多い機会は成人式です。成人式に参加する女性の多くは振袖を着用する事が多いですが、初めて成人を迎えるにあたってどう準備していけばよいのか分からない人もいます。多くの人は振袖をレンタルして式に臨むので式当日までに自分で準備できるものは準備しておく必要があります。振袖レンタルをする場合どんな事に気をつけなけれ良いのでしょうか?皆の疑問を集めてみました。

振袖をレンタルする時の疑問

振袖を選びで来店したいのですが、予約をしておいた方が良いですか?因みにレンタルしたい振袖は大体決めています。

希望の振袖がある場合は事前予約がおすすめです。来店予定日までに希望する振袖も合わせて準備しています。

成人式の振袖はいつから準備し始めた方が良いですか?

早い人は、高校生のうちから振袖の準備をする人がいます。一年前から半年前に準備しておくと一月に行われる成人式に間に合わせる事ができますよ。

当日来た振袖のクリーニングはどうしたらよいでしょうか?

クリーニングに出す必要はないです。クリーニングに出すことで生地が傷んでしまうこともあるので勝手に出さないように気を付けましょう。

女性

振袖レンタル店で着付けと前撮りができる

振袖レンタル店は振袖をレンタルするだけでなく当日の着付けと記念写真として前撮りも行っています。当日は何人も利用する人がいるので朝早くから起きて準備する必要があります。着付けだけでなくヘアセットも行ってくれるので髪型にこだわりたいという人は式当日までにイメージする髪型を決めておきましょう。写真があるとスタイリストさんも作りやすいです。振袖一式はレンタルする事ができますが髪飾りだけは付属していないので自分で準備しておく必要があります。当日に準備しておくとスタイリストさんがセットしてくれた髪に綺麗に指してくれます。髪飾りを指したい人は当日までに準備をしておきましょう。

着用する着物に合わせた髪型を選ぼう

振袖選びも大事ですが当日の髪型も重要です。髪型にこだわるだけでも着用している振袖の魅力が変わります。振袖が古典柄の人は定番のアップスタイルが似合います。顔のサイドに垂らす髪にウェーブをつけると可愛さが出ますよ。レトロな柄の振袖を着用する人は個性的な髪型だと振袖も自分自身も良くみせる事ができます。編み込みや大きめ髪飾りがおすすめです。模様が控えめで布地が白のような落ち着いた振袖を着用する人はトップにボリューム持たせた髪型だと気品のある雰囲気になり振袖との相性も良いです。

身長で似合う振袖が違う?

振袖選びでは自分の気に入った振袖を選ぶ人が多いでしょう。ですが、選んだ色によっては自分に似合わない色振袖もあります。また、振袖は身長の違いでも似合う似合わないがあるので選び方のコツを知っておきましょう。まず背の大きい人は、濃い色の振袖が似合います。黒や赤、青がおすすめです。柄は小さなものよりも大きな柄が入っている物が似合います。反対に背の低い人は淡い色の振袖が似合います。振袖の柄は大きな柄よりも小さく細かな柄が入っている物が似合います。水色や明るいピンク、黄色がおすすめです。

広告募集中